お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

ウィスキー高価買取

【サントリー/ウイスキー】響21年高価買取実施中です!

響21年

サントリーから出ている「響21年」というウイスキーはご存知ですか?
有名なので、ウイスキーを飲まない方でも耳にしたこともあると思います。
今回はこの「響21年」の特徴に迫ります。

響シリーズは、サントリーが保有している3つの蒸留所で作られる原酒を元にしています。
京都の山崎蒸留所、山梨の白州蒸留所、愛知県知多半島の知多蒸留所の3つです。
まさにさまざまな自然の中で生まれたウイスキーなんですね。
特に「響21年」は酒齢21年以上の長期熟成のものをブレンドしています。
さらにグレーンウイスキーも酒齢21年以上のものを厳選。
そのため、風味は重厚さやコクが感じられ、飲んだときの余韻も香るものになっています。
氷を入れて飲んでも、香りが損なわれることなく楽しめるのでロックがおすすめです。

現在価値も高まっているため、買取に出すなら人気のあるうちがチャンスです。
家にもし響21年が眠っているなら、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは無料で査定もおこなっています。
LINE、メール、電話、FAXにてお受けしています。
「いくらになるんだろう?」と疑問に感じたらお気軽に連絡してみてください!

ウィスキー高価買取

【ウイスキー】Ardbeg PERPETUUM 高価買取中です!

パーペチューム

「Ardbeg(アードベッグ)」は知っていますか?
これは、スコットランドにあるアイラ島という小さな島で1815年に生まれたウイスキーです。
時代が変化する中で、伝統的な製法で変わることなく作り続けられてきました。
そして、誕生から200年が経ったことを祝福して作られたのが「Ardbeg PERPETUUM(アードベックパーペチューム)」です。
「パーペチューム」とはラテン語で「永久」という意味があり、伝統的なこのお酒を表しています。

バーボン樽と、シェリー樽で熟成した原酒から作られるこの1本は、世界で一番スモーキーと言われるほど。
スパイシーさと、強烈なピート香がしっかりと感じられるんです。
それだけでなく、繊細でクリーミーな甘さも現れてくるので、飲むと虜になってしまうかもしれません。
ウイスキー好きなら飲んでみたい1本ですね。

ウイスキーは苦手なのに家に何本かあるという方もいると思います。
そんな方は、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、ウイスキーをはじめ、ワインや日本酒などさまざまなお酒を高価買取しています。
LINEやメール、電話にて無料で査定をおこなっていますので、いくらになるか分からないと不安な方も連絡してみてくださいね。

ウィスキー高価買取

【ウイスキー】サントリー 山崎 18年 高価買取中です!

山崎18年

日本ウイスキーの代表ともいえる山崎シリーズ。
サントリーの山崎蒸留所で、モルト原酒のみで作られています。
お酒をあまり飲まない方でも知っている方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、その山崎シリーズの中でも入手困難と言われる「山崎18年」です。

「山崎18年」はフルボディタイプのシングルモルトウイスキーです。
一番の特徴は、熟成された風味。
これは18年という歳月の間、熟成されてきたから出せる味です。
シェリー樽で18年以上熟成した原酒などをブレンドし、後熟して作られます。
そのためなかなか大量生産ができず、希少価値も高まっているのです。

オススメの飲み方は、芳醇な香りをしっかりと感じられるストレート。
甘美な香りも感じられるので、チョコレートやドライフルーツとの相性も抜群です。
食後の1杯にぴったりですね。

以前は購入しやすかったものも、だんだんと希少性が高くなることもあります。
もし、家に眠ったままのウイスキーがあるなら買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、無料で査定もおこなっています。
LINE、電話、メール、FAXで査定できるので、いくらになるか気になる!と思ったらぜひ連絡してみてくださいね。
お待ちしております。

ウィスキー高価買取

【バーボン/ウイスキー】ワイルドターキー 高価買取実施中です!

ワイルドターキー

七面鳥のラベルが目印の「ワイルドターキー」というバーボンをご存知ですか?
「ワイルドターキー」は、まさにこの七面鳥が名前の由来になっています。
1940年に蒸留所のオーナーであったトーマス・マッカーシー氏が七面鳥のハンティングに出かけるとき、いつもバーボンを持ち出していました。
なんとこのバーボンが、狩仲間から好評。
狩仲間の一人が、七面鳥ハンティングにちなんで、「ワイルドターキー」と呼び始めたのがきっかけです。
この名前を、トーマス・マッカーシー氏も気に入ったことから、お酒の名前になりました。

「ワイルドターキー」の特徴は、アルコールを抑えた作り方です。
バーボンは、蒸留のときの度数は80度以下で作りのですが、「ワイルドターキー」は60~65度まで抑えます。
また、樽詰めするときも、通常は62.5度以下にしますが、こちらも54~55度以下。
これは、原材料の風味を感じられるようにするために度数を抑えているのです。
ワイルドターキーを飲むときは、ぜひその香りも十分に堪能してみてください。

「バーボンをいただいてしまったけど飲めない」
「家を掃除していたら眠っていたお酒が出てきた」
そんなときは、ぜひ買い取りに出してみてください。
買取センター.comではLINEや電話、メールにて無料で査定をおこなっています。
ぜひお気軽にご連絡ください!

ウィスキー高価買取

【スコッチウイスキー】ジョニーウォーカー ブルーラベル高価買取受付中!

ジョニーウォーカー

「ジョニ黒」「ジョニ赤」という言葉を聞いたことはありますか?
これは「ジョニーウォーカー」というスコッチウイスキーの赤ラベルや黒ラベルのことを指しています。
「ジョニーウォーカー」は、ジョンウォーカーという方によって、1820年に生まれました。
紅茶のブレンディングをヒントにしながら、シングルモルトウイスキーのブレンディングをスタートしたことがきっかけだそう。
品質の高さから少しずつ人気になり、今や世界的にも有名なウイスキーとなりました。

その中でもブルーラベルは、ジョニーウォーカーの最高峰。
熟成年数にとらわれず、希少な原酒のみを使って作られます。
味わいは、芳醇さ、力強さ、まろやかさが感じられ、ウイスキーが好きな方からの人気がある1本です。

「飲めないのにプレゼントにジョニーウォーカーをいただいてしまった」、「家の倉庫からスコッチウイスキーが見つかった」という場合もありますよね。
そのまま家で眠らせてしまうのであれば、買取査定に出してみませんか?
買取センター.comでは、メールや電話はもちろん、LINEでも無料で査定をおこなっています。
ウイスキーはもちろん、それ以外のお酒の高価買取を実施していますので、ぜひお気軽に相談してみてくださいね!

ウィスキー高価買取

【モルトウイスキー】軽井沢 貯蔵15年 高価買取受付中!

軽井沢

「軽井沢」というウイスキーはご存知ですか?
今はすでに無くなってしまった軽井沢蒸留所で作られていたウイスキーです。
軽井沢特有のきれいな空気や涼しい気候がウイスキー作りにもぴったり。
ウイスキー「軽井沢」の魅力といえば、深い味わいです。
誰もが楽しめる、というより個性の強い味に仕上がりました。

1955年からお酒造りがスタートされ、生産が終わったのは2000年。
その後の2012年に軽井沢蒸留所は完全閉鎖されてしまいます。
そのため、今や希少性の高いウイスキーなのです。

また、受賞暦もあります。
2001年、2002年と軽井沢シリーズは、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金賞を受賞。
世界からも認められるウイスキーなのが分かります。

そんなウイスキーやワインが家の倉庫で眠っていた、プレゼントでもらったお酒が飲めないといった場合もあるでしょう。
眠らせたままではもったいないですから、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、メールや電話はもちろん、LINEでも無料で査定をおこなっています。
お酒がどのぐらいで売れるのか分からない方は一度、ご連絡してみてくださいね。
もしかしたら、とても価値のあるお酒かもしれませんよ。

ウィスキー高価買取

【ニッカウイスキー】余市 高価買取受付中です!

余市

今回ご紹介するのは、ニッカのブランドである余市です。
余市はさまざまなシリーズが出ていたのですが、実は現在ほとんどが終売しています。
そのため価値がどんどん高まっているのです。

ニッカウイスキーの創業は1934年。
それから竹鶴やブラックニッカなど、数々のウイスキーで私たちを魅了してきました。
余市が誕生したのは1989年と実は最近の話なのです。
そこから国内外問わず飲まれるようになり、2014年にはテレビドラマ「マッサン」が放送され、人気はさらに上昇。
原酒が足りなくなったというお話も耳にするほどです。
スモーキーな風味と、オークの甘さを感じる余市に魅了される人がたくさんいたのが分かります。

現在販売されている余市は、シングルモルト余市とシングルモルト宮城峡のみ。
過去には、余市10年、余市12年、余市15年、余市20年といった年代別のものが販売されていました。
もし、お手元にあるけど飲んでいない、という状況の方は買取に出してみるのもいいですね。
買取センター.comでは高い値段での買取を実施しています。
どのぐらいの値段になるのか分からない方は無料で査定をおこなっていますからお気軽にご連絡してみてください。
メールや電話はもちろん、LINEでも査定を受付中です!

ウィスキー高価買取

【スムースなウイスキー】ジャックダニエル No.27ゴールド 高価買取中!

ジャックダニエルNo27ゴールド

「ジャックダニエル」というお酒を耳にしたことのある方も多いと思います。
有名なアメリカンウイスキーです。その中でも今回ご紹介したいのは、「No.27 ゴールド」です。
ジャックダニエルの中でも特に手間暇かけられている1本です。

ジャックダニエルシリーズの特徴といえば、チャコールメローイングという製法です。
これは何かと言うと、原酒をサトウカエデの木炭で少しずつろ過すること。
その後に樽で熟成させるのですが、No.27ゴールドはチャコールメローイングと熟成の工程をもう1回ずつ増やして作られています。
そのため時間や手間が倍かかっているのです。

2度のチャコールメローイングと熟成で、味もより複雑に変化します。
フルーツの香りや、メイプルの香りに加えて、スパイスも感じるのに、究極のスムースさ。
これがジャックダニエルNo.27ゴールドの最大の魅力でしょう。
おすすめの飲み方はロックです。

飲みやすいジャックダニエルNo.27ゴールドでも、ウイスキーが苦手、お酒はちょっと・・・という方も多いはず。
もらったウイスキーが家にあるのなら、買取に出してみてはいかがですか?
お酒が好きな方や次の世代に橋渡しをするチャンスを与えられるのも歴史あるウイスキーだからこそ。
買取センター.comでは無料で査定をおこなっていますから、お気軽にご相談くださいね。

ウィスキー高価買取

【宝酒造/バーボン ウイスキー】ブラントン シングルバレル 高価買取受付中!

ブラントン

今回ご紹介するのは、ブラントンというバーボンです。
ボトルの上には、競走馬が飾られています。
これはアメリカのケンタッキー州でおこなわれるケンタッキーダービーにちなんだもの。
ケンタッキーの地でウエスタンカルチャーを作り上げた開拓者たちへの思いが込められています。
ボトルキャップは8種類あるので、集めたくなりますね。

この競走馬のモチーフも印象的ですが、ラベルにも目を向けてみてください。
実は、このラベルの日付や樽番号はすべて手作業で書かれています。
バーボンそのものだけでなく、ボトルにまで丁寧に作られているのがわかります。

ブラントンはシングルバレルという、1つの樽からだけボトル詰めをおこなう手法をとっています。
複数の樽を混ぜると同じ味にはなりますが、個性が出ません。
ブラントンはウイスキーの味、そしてボトルもそれぞれ違うのです。

唯一無二であるバーボンのブラントン、それだけ価値の高いものです。
家に眠ったままでは勿体ないですから、買取に出してみませんか?
次の世代や、欲しい方の手に渡るのも素敵なことです。
買取センター.comでは無料で査定をおこなっております。
メール、電話、LINEでも査定を受け付けていますので、お気軽にご相談くださいね。

ウィスキー高価買取

【サントリー】オールド グランダッド ウイスキー 高価買取中!

オールドグランダッド
今回ご紹介するのは、オールド グランダッド114。
スパイシーなのに、マイルドでコクも感じるウイスキーです。
商品名の「オールド グランダッド114」は2つのことを表しています。

一つ目は、「オールド グランダッド」が「偉大なるおじいちゃん」を意味することです。
19世紀中ごろ、孫のレイモンド・ヘイデンが祖父への敬意を示して名付けたとされています。
お酒好きなおじいちゃんへの贈り物にもぴったりですね。

そして、二つ目は、「114」がアルコール度数を示していること。
114プルーフ(アルコール度数57%)から、114とついています。
オールド グランダッドはアメリカのお酒です。
アメリカやイギリスではプルーフという単位がアルコール度数を表すのに使用されています。

おじいちゃんが大切にしていたバーボンが家で眠っているけれど今は誰も飲まず、処分に困っている、そんなときは買取査定に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、無料で査定をおこなっています。
メールや電話はもちろん、LINEでもお気軽に査定できますよ。
店頭だけでなく、出張買取や郵送買取もお受けしていますので、お気軽にご相談してみてくださいね。
家族が大切にしていたお酒に、もう一度大切にされるチャンスを与えてみてはいかがでしょうか。

1 / 1812345...10...最後 »

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.