お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

ウィスキー高価買取 商品知識

【幻のウイスキー】ポートエレンとは?

ポートエレン

ポートエレンというウイスキーをご存じですか?
スコッチウイスキーの一つで、幻のウイスキーと言われています。
今回はこのポートエレンについてご紹介します。

なぜ幻と言われているのか。それはポートエレンが現在生産されていないからです。
スコッチの聖地であるアイラ島のポートエレン蒸留所で1825年から1983年まで作られていました。
蒸留所が閉鎖された後も残っていた原酒からポートエレンは販売され、どんどん価値が高まっているのです。

ポートエレンは熟成年数が長いこともあり、複雑な甘みや香りがあるウイスキー。
スモーキーさやヨード香が感じられる独特の味わいと言われています。
一度飲んでみたいですよね。
価格は1本数十万円~百万円にまで上るほど。
かなり高値で取引されています。

長いこと閉鎖されたままのポートエレン蒸留所ですが、近々再開するとの話も出ています。
閉鎖されてからも人気の出たままのウイスキーですから、再開を待ち望む方も多くいます。

買取センター.comではポートエレンのような希少なウイスキーはもちろん、その他のワインやブランデー、焼酎などの世界各国のお酒を買い取りしています。
眠ったままのお酒がある方はぜひ査定に出してみてくださいね。
皆様からのご連絡をお待ちしております!

ウィスキー高価買取 商品知識

マルスウイスキーって知ってる?

マルスウイスキー

日本のウイスキーというと思い浮かぶのはサントリーの山崎や白州、ニッカですが、「マルスイスキー」はご存じですか?
2013年には世界最高賞を受賞したこともあるウイスキーです。

「マルスイスキー」は鹿児島県の本坊酒造のウイスキー部門の名称。
最初は鹿児島県からスタートし、蒸留所を変えながら現在では長野県にある信州マルス蒸留所で造られています。

マルスウイスキーを造ったのは岩井喜一郎氏。
岩井喜一郎氏はあのウイスキーの竹鶴を造った竹鶴政孝氏の上司で、
ニッカウヰスキーの創設者であった竹鶴政孝氏にスコットランドでウイスキーを勉強するように指導した方でした。
日本のウイスキーの歴史に深く関わっていたのですね。

そんなマルスウイスキーの種類をいくつかご紹介します。

・「マルスウイスキー 西郷どん」
2018年の限定で販売された明治維新150周年記念の1本。
鹿児島が本社ということで造られたのですね。

・「マルスウイスキー3&7」
信州の蒸留所で造られたブレンデッドウイスキー。
ホワイトオークの香りも感じられます。

・「マルスウイスキー岩井」
岩井喜一郎氏への尊敬を込めて造られたブレンデッドウイスキー。
柔らかく、優しく、どっしりとした味わいと複雑な香りが感じられます。

マルスウイスキーはご存知ない方もいたかもしれませんが、ぜひ一度飲んでみてください。

ウィスキー高価買取 商品知識

知多ウイスキーってどんなお酒?

tita

サントリーのウイスキーというと白州を思い浮かべる方も多いと思いますが、「知多」はご存じですか?
まるで風のように軽やかでふわっと香るウイスキーなんです。

知多は愛知県知多半島の知多蒸留所で造られています。
サントリーにはその他に山崎蒸留所、白州蒸留所と、合わせて3つの蒸留所があります。
知多蒸留所では様々なグレーンウイスキーが造られ、サントリーの「響」や「角」、「オールド」などのウイスキーにブレンドされてきました。

知多ウイスキーは、「シングルグレーンウイスキー」です。
まず「シングル」とは単一の蒸留所で生産された樽のウイスキーだけを使うこと。
「グレーンウイスキー」とはトウモロコシなどの穀物を原料に使い、連続式蒸留器で蒸留させて、樽で熟成したものです。
反対に、「モルトウイスキー」とは大麦麦芽を原料に使い、単式蒸留所で2回の蒸留をして、樽で熟成したもの。
ちなみにこのグレーンウイスキーとモルトウイスキーを合わせたものをブレンデッドウイスキーと言い、グレーンウイスキーは引き立てるような役割を果たしているんです。
知多ウイスキーはグレーンウイスキーを使用しているので控えめな味わいと想像できますが、様々なグレーン原酒を合わせることで複雑な味わいに仕上げています。

買取センター.comではウイスキーを始め、各国のお酒を買い取りしています。
どうぞお気軽にご連絡ください!

ウィスキー高価買取 商品知識

モンキーショルダーってどんなウイスキー?

モンキーショルダー

スコッチウイスキーの一つ「モンキーショルダー」を知っていますか?
クセがなく、飲みやすいのでカクテルのベースとしても使われることの多いブレンデッドモルトウイスキーです。

その歴史は2005年とまだ新しいもの。ですが、使用するモルト原酒は1903年に創業と、100年以上続く老舗企業であるウィリアム・グラント&サンズ社のものを使用。
スペイサイドのグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィの3つの蒸留所の原酒を使って造られています。グレーン原酒を混ぜずに作るブレンデッドウイスキー、という新しいチャレンジをしたのです。

「モンキー」と付いていると猿のことかと思ってしまいますが、猿ではありません。
モンキーショルダーの名前の由来は、作り方からきています。
「フロアモルティング」という方法を知っていますか?
蒸留所で麦芽を作るときに、モルトマンという職人がシャベルで床一面に敷き詰められた麦芽を混ぜていく作業です。
このフロアモルティングをするときに肩が痛くなってしまったときのことを「モンキーショルダー」と呼びます。
このウイスキーはモンキーショルダーになるほど製造を頑張った職人たちへの敬意としてつけられたと言われています。

クセがなく、飲みやすいモンキーショルダーですから、カクテルにぜひ飲んでみてくださいね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【スコッチウイスキー】エドラダワーって?

エドラダワー

今回ご紹介するのは「エドラダワー」というシングルモルトウイスキーです。
スコットランドの南ハイランド地方のピトロッホリーという町で造られています。
エドラダワー蒸留所の創業は1825年と長い歴史を持ち、スコットランドで一番小さい蒸留所としても有名です。
ウイスキー造りをおこなう人数はなんと3人。
そのため、一週間で14樽の250リットル。
通常の蒸留所が一週間かけて生産する量をエドラダワー蒸留所では1年かけて生産していくのです。
ポットスチルも関税当局が許可している最小のサイズを使用。
密造を防ぐため既定のサイズ以下のものでの製造が禁止されています。
しかし、観光客に人気の蒸留所でもあり、年間約10万人の人が訪れています。

味わいは、香水のようなアロマの香りに、ナッツのような香ばしさおm感じられます。
甘くてまろやかな風味で、飲みやすいウイスキーです。
食中にも向いています。

ウイスキーやブランデーなどのお酒は家に眠ったままになっていることも多いかもしれません。
そんなときは買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comではLINEやメール、FAX等で無料で査定をおこなっています。
金額が気になるという方もお気軽にご連絡ください!

ウィスキー高価買取 商品知識

スプリングバンクの特徴とは

スプリングバンク

スコットランドのシングルモルトウイスキー、「スプリングバンク」をご存じですか。
クセがあり、スパイシーな風味が楽しめるウイスキーなんです。

造られるのはスコットランドのキャンベルタウンのヘーゼルバーン蒸留所。
ニッカウヰスキーの創設者、竹鶴氏が修行をした場所でもあります。
スプリングバンクはスパイシーな味わいですが、これは蒸留所の周りの霧や潮風からきています。
この場所だから作られた風味なんですね。

また、スプリングバンクは香りも特徴的。
「モルトの香水」と言われるほど芳醇な香りが楽しめます。
この独特の香りは蒸留回数を2.5回にしているから生まれます。
蒸留回数だけでなく、スプリングバンクは「フロアモルティング」という製法を使っていることも有名です。
フロアモルティングとは、その名の通りモルティングという作業を床でおこなうこと。
大麦を発芽させることをモルティングと言われるのですが、
床でおこなうには作業には大麦を水に浸したり、床一面に広げたりと手間暇がかかります。
現在ではフロアモルティングをおこなう蒸留所は減っている中、
スプリングバンクはフロアモルティングで造られているのです。

こだわって作られたスプリングバンクはクセがありますがウイスキー好きなら飲んでみたい1本ですね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【スッキリまろやかなウイスキー】カナディアンクラブとは

カナディアンクラブ

カナディアンウイスキーの代表ともいえる銘柄のカナディアンクラブは世界5大ウイスキーの一つ。
カナダ・オンタリオ州ウィンザーで造られています。
ライトな味わいが飲みやすく、カクテルのベースにも使われることの多いウイスキーです。
トウモロコシが主原料のウイスキーと、ライ麦を主原料としたフレーバリーウイスキーを合わせたブレンデッドウイスキーです。
カナディアンクラブが軽やかな味わいになるのは、製法に特徴がありました。
ベースとなるウイスキーとフレーバーウイスキーを樽詰めする前にブレンドする「プレ・ブレンディング」という製法です。
樽で熟成させてからブレンドするのが通常の製法ですが、熟成させる前にブレンドすることで味がしっかりと馴染みます。
だからまろやかな味わいになるのですね。

ウイスキーは飲めないのにいただいてしまった…そんなご経験のある方もいるのではないでしょうか。
買取センター.comではウイスキーやワイン、ブランデー、日本酒など世界各国のお酒を買い取りしています。
家に眠らせたままではもったいないですから、ぜひ買い取りに出してみてくださいね。
ご連絡お待ちしております!

ウィスキー高価買取 商品知識

【深い味わいのウイスキー】バルヴェニー

バルヴェニー

家についたときに飲みたくなるウイスキー。
疲れた日の1杯におすすめなのがバルヴェニーです。
シングルモルトウイスキーで、作られているのはスコットランドのスペイサイド地方です。
バルヴェニーの蒸留所は、グレンフィディックというウイスキーと同じ敷地内にあります。
これは、創設者のウィリアム・グランドが両方立ち上げたからなんです。
同じ人が創設、同じ敷地内、と共通点が多い2つですが、水や製造方法が異なるため、違った味わいが楽しめます。
グレンフィディックは軽く、さわやか。バルヴェニーはこっくりと深い味わい
です。

バルヴェニーの製法の特徴は職人による手作りであること。
「フロアモルティング」という伝統的な製法で手間暇かけて造られています。
また、バルヴェニーボールというネックにこぶのついた独自の蒸留窯を使っています。
これらの製法がコクのある味わいに仕上げているのです。
また、もう一つの特徴はバーボン樽、シェリー樽に加えてポートワインなどワイン樽も用いていることです。組み合わせを変えて、さまざまな種類のバルヴェニーが完成しています。

バルヴェニー、グレンフィディックで飲み比べをしてみるのもいいかもしれません。
ぜひ好みの1本を探してみてください。

ウィスキー高価買取 商品知識

【ケンタッキー州のバーボン】エズラブルックス高価買取中です!

エズラブルックス

アメリカ、ケンタッキー州で造られるバーボンウイスキー、「エズラブルックス:。
1950年代にメドレー社によって誕生し、メドレー社の看板ブランドになりました。

エズラブルックスの大きな特徴は、原料のとうもろこしの比率が高いこと。
バーボンは通常、原料の51%以上にとうもろこしを使うと決められています。
エズラブルックスはそれを上回る量が使われているんです。
また、その良質なとうもろこしを、低温・低アルコール度数で蒸留します。
この工程がエズラブルックスがまろやかな味わいにしてくれるのです。

エズラブルックスには、「エズラブルックス」、「オールドエズラ」といった銘柄があります。
それぞれに違いがありますが、オールドエズラは原酒となるエズラブルックスをさらに熟成させて造られます。どれもマイルドで芳醇な味わいですから一度飲んでみたいですね。

買取センター.comでは、ウイスキーはもちろんブランデーやワイン、日本酒など様々なお酒を買取しています。
家で眠ったままのお酒がある方は、まず無料の査定がおすすめです。
LINE、電話、メール、FAXにてお気軽にご連絡ください

ウィスキー高価買取 商品知識

【海のウイスキー?】ボウモアとは

ボウモア

ボウモアとは、スコットランドにあるアイラ島で製造されるシングルモルトウイスキーです。
このボウモアは、アイラ島では最古の蒸留所と言われるほど長い歴史を持っています。
創業したのは1779年と日本では江戸時代。
かなり古くからボウモアは造られていたのですね。

また、蒸留所は海に面した場所に建てられており、「海のシングルモルト」とも呼ばれています。
海抜0mという波打ち際で造られるウイスキーは、潮風をたっぷりと受けた環境で造られてきました。
海の近くならではの自然のウイスキーが楽しめます。

様々な種類が出ているので、おすすめを何本かご紹介します。
・ボウモア12年
代表的なシングルモルト。
スモーキーな香りもありますが、フルーティーさが感じられ、飲みやすい1本です。

・ボウモア25年
25年熟成で、ボウモアの中で最も酒齢が高いお酒です。
スモーキーさに加え、シェリー樽の甘味も感じられます。

・ボウモアNo.1
ボウモアの貯蔵庫で一番古い第一貯蔵庫で熟成されました。
潮の香りやシトラス、はちみつが感じられる爽やかな味わいです。

海を感じられるボウモアは夏に飲んでみたいウイスキーですね。
もし、家にボウモアが眠っているなら買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
ご連絡お待ちしております。

1 / 1912345...10...最後 »

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.