お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

ウィスキー高価買取 商品知識

スプリングバンクの特徴とは

スプリングバンク

スコットランドのシングルモルトウイスキー、「スプリングバンク」をご存じですか。
クセがあり、スパイシーな風味が楽しめるウイスキーなんです。

造られるのはスコットランドのキャンベルタウンのヘーゼルバーン蒸留所。
ニッカウヰスキーの創設者、竹鶴氏が修行をした場所でもあります。
スプリングバンクはスパイシーな味わいですが、これは蒸留所の周りの霧や潮風からきています。
この場所だから作られた風味なんですね。

また、スプリングバンクは香りも特徴的。
「モルトの香水」と言われるほど芳醇な香りが楽しめます。
この独特の香りは蒸留回数を2.5回にしているから生まれます。
蒸留回数だけでなく、スプリングバンクは「フロアモルティング」という製法を使っていることも有名です。
フロアモルティングとは、その名の通りモルティングという作業を床でおこなうこと。
大麦を発芽させることをモルティングと言われるのですが、
床でおこなうには作業には大麦を水に浸したり、床一面に広げたりと手間暇がかかります。
現在ではフロアモルティングをおこなう蒸留所は減っている中、
スプリングバンクはフロアモルティングで造られているのです。

こだわって作られたスプリングバンクはクセがありますがウイスキー好きなら飲んでみたい1本ですね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【スッキリまろやかなウイスキー】カナディアンクラブとは

カナディアンクラブ

カナディアンウイスキーの代表ともいえる銘柄のカナディアンクラブは世界5大ウイスキーの一つ。
カナダ・オンタリオ州ウィンザーで造られています。
ライトな味わいが飲みやすく、カクテルのベースにも使われることの多いウイスキーです。
トウモロコシが主原料のウイスキーと、ライ麦を主原料としたフレーバリーウイスキーを合わせたブレンデッドウイスキーです。
カナディアンクラブが軽やかな味わいになるのは、製法に特徴がありました。
ベースとなるウイスキーとフレーバーウイスキーを樽詰めする前にブレンドする「プレ・ブレンディング」という製法です。
樽で熟成させてからブレンドするのが通常の製法ですが、熟成させる前にブレンドすることで味がしっかりと馴染みます。
だからまろやかな味わいになるのですね。

ウイスキーは飲めないのにいただいてしまった…そんなご経験のある方もいるのではないでしょうか。
買取センター.comではウイスキーやワイン、ブランデー、日本酒など世界各国のお酒を買い取りしています。
家に眠らせたままではもったいないですから、ぜひ買い取りに出してみてくださいね。
ご連絡お待ちしております!

ウィスキー高価買取 商品知識

【深い味わいのウイスキー】バルヴェニー

バルヴェニー

家についたときに飲みたくなるウイスキー。
疲れた日の1杯におすすめなのがバルヴェニーです。
シングルモルトウイスキーで、作られているのはスコットランドのスペイサイド地方です。
バルヴェニーの蒸留所は、グレンフィディックというウイスキーと同じ敷地内にあります。
これは、創設者のウィリアム・グランドが両方立ち上げたからなんです。
同じ人が創設、同じ敷地内、と共通点が多い2つですが、水や製造方法が異なるため、違った味わいが楽しめます。
グレンフィディックは軽く、さわやか。バルヴェニーはこっくりと深い味わい
です。

バルヴェニーの製法の特徴は職人による手作りであること。
「フロアモルティング」という伝統的な製法で手間暇かけて造られています。
また、バルヴェニーボールというネックにこぶのついた独自の蒸留窯を使っています。
これらの製法がコクのある味わいに仕上げているのです。
また、もう一つの特徴はバーボン樽、シェリー樽に加えてポートワインなどワイン樽も用いていることです。組み合わせを変えて、さまざまな種類のバルヴェニーが完成しています。

バルヴェニー、グレンフィディックで飲み比べをしてみるのもいいかもしれません。
ぜひ好みの1本を探してみてください。

ウィスキー高価買取 商品知識

【ケンタッキー州のバーボン】エズラブルックス高価買取中です!

エズラブルックス

アメリカ、ケンタッキー州で造られるバーボンウイスキー、「エズラブルックス:。
1950年代にメドレー社によって誕生し、メドレー社の看板ブランドになりました。

エズラブルックスの大きな特徴は、原料のとうもろこしの比率が高いこと。
バーボンは通常、原料の51%以上にとうもろこしを使うと決められています。
エズラブルックスはそれを上回る量が使われているんです。
また、その良質なとうもろこしを、低温・低アルコール度数で蒸留します。
この工程がエズラブルックスがまろやかな味わいにしてくれるのです。

エズラブルックスには、「エズラブルックス」、「オールドエズラ」といった銘柄があります。
それぞれに違いがありますが、オールドエズラは原酒となるエズラブルックスをさらに熟成させて造られます。どれもマイルドで芳醇な味わいですから一度飲んでみたいですね。

買取センター.comでは、ウイスキーはもちろんブランデーやワイン、日本酒など様々なお酒を買取しています。
家で眠ったままのお酒がある方は、まず無料の査定がおすすめです。
LINE、電話、メール、FAXにてお気軽にご連絡ください

ウィスキー高価買取 商品知識

【海のウイスキー?】ボウモアとは

ボウモア

ボウモアとは、スコットランドにあるアイラ島で製造されるシングルモルトウイスキーです。
このボウモアは、アイラ島では最古の蒸留所と言われるほど長い歴史を持っています。
創業したのは1779年と日本では江戸時代。
かなり古くからボウモアは造られていたのですね。

また、蒸留所は海に面した場所に建てられており、「海のシングルモルト」とも呼ばれています。
海抜0mという波打ち際で造られるウイスキーは、潮風をたっぷりと受けた環境で造られてきました。
海の近くならではの自然のウイスキーが楽しめます。

様々な種類が出ているので、おすすめを何本かご紹介します。
・ボウモア12年
代表的なシングルモルト。
スモーキーな香りもありますが、フルーティーさが感じられ、飲みやすい1本です。

・ボウモア25年
25年熟成で、ボウモアの中で最も酒齢が高いお酒です。
スモーキーさに加え、シェリー樽の甘味も感じられます。

・ボウモアNo.1
ボウモアの貯蔵庫で一番古い第一貯蔵庫で熟成されました。
潮の香りやシトラス、はちみつが感じられる爽やかな味わいです。

海を感じられるボウモアは夏に飲んでみたいウイスキーですね。
もし、家にボウモアが眠っているなら買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
ご連絡お待ちしております。

ウィスキー高価買取 商品知識

【世界一高額なコニャック?】クロアーゼとは

クロアーゼ

ナポレオンも好んだと言われる「クロアーゼ」というコニャックを聞いたことはありますか?
クロアーゼは、クルボアジェと同様に人気のあるコニャック。
それだけでなく、世界一高額なブランデーとしても有名です。
フルーティーで華やかな味わいのクロアーゼをご紹介します。

1805年に創業されたクロアーゼは、元々ナポレオン軍にいた狙撃手であるレオン・クロアーゼが手掛けたものでした。
狙撃手の一面を持つ一方で、実家がブドウ農場を営んでいました。
そのブドウ農場でナポレオンが彼のウイスキーを飲んで称賛したことから、クロアーゼはコニャックを造り始めます。

世界一高額と言われた背景には、オークションでの落札がありました。
2011年の上海で、1858年のクロアーゼキュヴェ・レオニーが日本円で約1200万円で落札され、過去高額としてギネスブックに登録されているのです。
1200万円のウイスキーの味は想像がつきませんね。

クロアーゼは、バカラボトルに入ったものや、ナポレオンの名が入ったもの、樽ボトルのものなど様々な種類があります。
人気のコニャックですから高い値が付くかもしれません。
もし家に眠っているようでしたら、買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
ご連絡お待ちしております!

ウィスキー高価買取

【初心者にもおすすめウイスキー】竹鶴とは?

竹鶴

ニッカウヰスキー株式会社のウイスキーの一つである「竹鶴」。
創設者である竹鶴政孝氏は連続テレビ小説「マッサン」で知っている方も多いのではないでしょうか。
その名が付いているので、昔からあるウイスキーのように感じますが、
発売されたのは2000年とわりと歴史は浅いのです。

竹鶴は、ピュアモルトウイスキーなのにブレンデッドウイスキーのように飲みやすいという大きな特徴があります。
これは、ヴァッテッドモルトという、複数のモルト原酒だけを合わせた製法です。
グレーンウイスキーではなく、さまざまなモルト原酒で飲みやすさを追求したのですね。

バランスがとれた香り、華やかさが感じられる竹鶴はウイスキーが初心者の方にもおすすめです。
数千円で買えるものから、今では20万円以上価値がついているものまで価格帯は幅広いです。
「家に竹鶴が眠ったままだ」…という方は買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comではウイスキー、ワイン、日本酒、シャンパンなど様々なお酒を買い取り中です。
家で眠っているお酒からお宝が発掘されるかもしれません。
いつでもご連絡お待ちしております!

ウィスキー高価買取

【クセが強い!ウイスキー】ラフロイグって?

ラフロイグ

ウイスキーというとクセがあるイメージを持つ方も多いですよね。
今回はそのウイスキーの中でも個性派と言われる「ラフロイグ」をご紹介します。
イギリス王室御用達であり、チャールズ皇太子も好んでいたと言われているんです。
クセがとことん強いお酒が好きな方は試してみてくださいね。

ラフロイグはスコットランドで作られるシングルモルトウイスキーです。
薬草のような香りがして、正露丸のようと言われることもあります。
これは原料のピートで海藻の香りが強いものを使用したり、仕込み水もピート香をまとった水を使ったりしているからです。
香りが強いウイスキーということがわかります。
おすすめの飲み方はやはりストレート。
香りをガツンと感じられるので、思う存分ラフロイグを味わえます。

ラフロイグのような独特のウイスキーは人によって好みがわかれるもの。
もし家に消費できないお酒がある場合は買い取りに出すのも一つの方法です。
買取センター.comではLINEやメール、電話、FAXにて無料で査定もおこなっております。
値段が気になる方はまずご連絡くださいね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【ウイスキー】ザ・マッカラン高価買取中です!

マッカラン

ウイスキーをあまり飲まない人でも「マッカラン」は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
マッカランは高級ウイスキーとして知られていますが、初心者にもウイスキー好きの方にもぜひ飲んでいただきたい1本です。

マッカランの正式名称は「ザ・マッカラン」です。
スコッチウイスキーのメッカと言われているスコットランドのスペイサイド地区でザ・マッカランは作られています。
ザ・マッカランの蒸留所が作られたのは1824年。
その歴史はなんと196年にまで及びます。

ザ・マッカランの原料は、大麦、水、イースト菌のみ。
シンプルだからこそ原料にもこだわっています。
水は蒸留所の近くを流れるスペイ川付近の泉の湧き水。
麦芽もマッカラン専用です。
また、着色料は一切使用していません。
キレイな琥珀色は自然と生み出され、樽ごとに違った色合いになるのです。

一番のこだわりは、樽です。
スペイン北部の森から選んで伐採するところからおこなっています。
それから一年間かけて天日で乾燥するなど、数年単位で樽作りをしているのです。
原料や樽、ひとつひとつに手間暇かけて作られているザ・マッカランは、一度は味わいたいウイスキーですね。

家を掃除していたらウイスキーが出てきたということもあるでしょう。
もう飲まないのであれば買い取りに出すのも一つの手段です。
買取センター.comでは無料で査定もおこなっていますので、ぜひご連絡くださいね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【昭和サラリーマンの憧れのウイスキー】オールドパー

オールドパー

日本でも古くから親しまれているスコッチウイスキーのオールドパー。
昭和のころにはバーで高級なウイスキーとして出されていたのだそう。
今でもシルバー、12年、18年、スーペリアの4種類が発売されています。

オールドパーは19世紀の後半に、グリーンリース兄弟によってイギリスで生まれたお酒です。
名前の「オールドパー」とは152歳まで生きた英国史上最長の長生きとされた「トーパス・パー」の愛称でした。
グリーンリース兄弟は、末永くこのウイスキーを伝えたいという思いから「オールドパー」の名を付けたのです。

特徴はボトルを斜めにしても倒れないこと。
傾けても倒れないことから、右肩上がりで縁起がいいと政治家にも親しまれてきました。
つい試してみたくなりますよね。

約110年を越えて親しまれてきたウイスキーですから、もしかしたら昔のオールドパーが家に眠っていることもあるかもしれません。
高価に値段がつく可能性もありますよ。
そのときはぜひ買取センター.comに買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
LINE、電話、メール、FAXにて無料で査定も行っていますので、
値段が分からなくて買い取ってもらうか悩んでいる方もお気軽に連絡してみてくださいね。

1 / 1912345...10...最後 »

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.