お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

ウィスキー高価買取

【初心者にもおすすめウイスキー】竹鶴とは?

竹鶴

ニッカウヰスキー株式会社のウイスキーの一つである「竹鶴」。
創設者である竹鶴政孝氏は連続テレビ小説「マッサン」で知っている方も多いのではないでしょうか。
その名が付いているので、昔からあるウイスキーのように感じますが、
発売されたのは2000年とわりと歴史は浅いのです。

竹鶴は、ピュアモルトウイスキーなのにブレンデッドウイスキーのように飲みやすいという大きな特徴があります。
これは、ヴァッテッドモルトという、複数のモルト原酒だけを合わせた製法です。
グレーンウイスキーではなく、さまざまなモルト原酒で飲みやすさを追求したのですね。

バランスがとれた香り、華やかさが感じられる竹鶴はウイスキーが初心者の方にもおすすめです。
数千円で買えるものから、今では20万円以上価値がついているものまで価格帯は幅広いです。
「家に竹鶴が眠ったままだ」…という方は買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comではウイスキー、ワイン、日本酒、シャンパンなど様々なお酒を買い取り中です。
家で眠っているお酒からお宝が発掘されるかもしれません。
いつでもご連絡お待ちしております!

ウィスキー高価買取

【クセが強い!ウイスキー】ラフロイグって?

ラフロイグ

ウイスキーというとクセがあるイメージを持つ方も多いですよね。
今回はそのウイスキーの中でも個性派と言われる「ラフロイグ」をご紹介します。
イギリス王室御用達であり、チャールズ皇太子も好んでいたと言われているんです。
クセがとことん強いお酒が好きな方は試してみてくださいね。

ラフロイグはスコットランドで作られるシングルモルトウイスキーです。
薬草のような香りがして、正露丸のようと言われることもあります。
これは原料のピートで海藻の香りが強いものを使用したり、仕込み水もピート香をまとった水を使ったりしているからです。
香りが強いウイスキーということがわかります。
おすすめの飲み方はやはりストレート。
香りをガツンと感じられるので、思う存分ラフロイグを味わえます。

ラフロイグのような独特のウイスキーは人によって好みがわかれるもの。
もし家に消費できないお酒がある場合は買い取りに出すのも一つの方法です。
買取センター.comではLINEやメール、電話、FAXにて無料で査定もおこなっております。
値段が気になる方はまずご連絡くださいね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【ウイスキー】ザ・マッカラン高価買取中です!

マッカラン

ウイスキーをあまり飲まない人でも「マッカラン」は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
マッカランは高級ウイスキーとして知られていますが、初心者にもウイスキー好きの方にもぜひ飲んでいただきたい1本です。

マッカランの正式名称は「ザ・マッカラン」です。
スコッチウイスキーのメッカと言われているスコットランドのスペイサイド地区でザ・マッカランは作られています。
ザ・マッカランの蒸留所が作られたのは1824年。
その歴史はなんと196年にまで及びます。

ザ・マッカランの原料は、大麦、水、イースト菌のみ。
シンプルだからこそ原料にもこだわっています。
水は蒸留所の近くを流れるスペイ川付近の泉の湧き水。
麦芽もマッカラン専用です。
また、着色料は一切使用していません。
キレイな琥珀色は自然と生み出され、樽ごとに違った色合いになるのです。

一番のこだわりは、樽です。
スペイン北部の森から選んで伐採するところからおこなっています。
それから一年間かけて天日で乾燥するなど、数年単位で樽作りをしているのです。
原料や樽、ひとつひとつに手間暇かけて作られているザ・マッカランは、一度は味わいたいウイスキーですね。

家を掃除していたらウイスキーが出てきたということもあるでしょう。
もう飲まないのであれば買い取りに出すのも一つの手段です。
買取センター.comでは無料で査定もおこなっていますので、ぜひご連絡くださいね。

ウィスキー高価買取 商品知識

【昭和サラリーマンの憧れのウイスキー】オールドパー

オールドパー

日本でも古くから親しまれているスコッチウイスキーのオールドパー。
昭和のころにはバーで高級なウイスキーとして出されていたのだそう。
今でもシルバー、12年、18年、スーペリアの4種類が発売されています。

オールドパーは19世紀の後半に、グリーンリース兄弟によってイギリスで生まれたお酒です。
名前の「オールドパー」とは152歳まで生きた英国史上最長の長生きとされた「トーパス・パー」の愛称でした。
グリーンリース兄弟は、末永くこのウイスキーを伝えたいという思いから「オールドパー」の名を付けたのです。

特徴はボトルを斜めにしても倒れないこと。
傾けても倒れないことから、右肩上がりで縁起がいいと政治家にも親しまれてきました。
つい試してみたくなりますよね。

約110年を越えて親しまれてきたウイスキーですから、もしかしたら昔のオールドパーが家に眠っていることもあるかもしれません。
高価に値段がつく可能性もありますよ。
そのときはぜひ買取センター.comに買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
LINE、電話、メール、FAXにて無料で査定も行っていますので、
値段が分からなくて買い取ってもらうか悩んでいる方もお気軽に連絡してみてくださいね。

ウィスキー高価買取

【サントリー/ウイスキー】響21年高価買取実施中です!

響21年

サントリーから出ている「響21年」というウイスキーはご存知ですか?
有名なので、ウイスキーを飲まない方でも耳にしたこともあると思います。
今回はこの「響21年」の特徴に迫ります。

響シリーズは、サントリーが保有している3つの蒸留所で作られる原酒を元にしています。
京都の山崎蒸留所、山梨の白州蒸留所、愛知県知多半島の知多蒸留所の3つです。
まさにさまざまな自然の中で生まれたウイスキーなんですね。
特に「響21年」は酒齢21年以上の長期熟成のものをブレンドしています。
さらにグレーンウイスキーも酒齢21年以上のものを厳選。
そのため、風味は重厚さやコクが感じられ、飲んだときの余韻も香るものになっています。
氷を入れて飲んでも、香りが損なわれることなく楽しめるのでロックがおすすめです。

現在価値も高まっているため、買取に出すなら人気のあるうちがチャンスです。
家にもし響21年が眠っているなら、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは無料で査定もおこなっています。
LINE、メール、電話、FAXにてお受けしています。
「いくらになるんだろう?」と疑問に感じたらお気軽に連絡してみてください!

ウィスキー高価買取

【ウイスキー】Ardbeg PERPETUUM 高価買取中です!

パーペチューム

「Ardbeg(アードベッグ)」は知っていますか?
これは、スコットランドにあるアイラ島という小さな島で1815年に生まれたウイスキーです。
時代が変化する中で、伝統的な製法で変わることなく作り続けられてきました。
そして、誕生から200年が経ったことを祝福して作られたのが「Ardbeg PERPETUUM(アードベックパーペチューム)」です。
「パーペチューム」とはラテン語で「永久」という意味があり、伝統的なこのお酒を表しています。

バーボン樽と、シェリー樽で熟成した原酒から作られるこの1本は、世界で一番スモーキーと言われるほど。
スパイシーさと、強烈なピート香がしっかりと感じられるんです。
それだけでなく、繊細でクリーミーな甘さも現れてくるので、飲むと虜になってしまうかもしれません。
ウイスキー好きなら飲んでみたい1本ですね。

ウイスキーは苦手なのに家に何本かあるという方もいると思います。
そんな方は、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、ウイスキーをはじめ、ワインや日本酒などさまざまなお酒を高価買取しています。
LINEやメール、電話にて無料で査定をおこなっていますので、いくらになるか分からないと不安な方も連絡してみてくださいね。

ウィスキー高価買取

【ウイスキー】サントリー 山崎 18年 高価買取中です!

山崎18年

日本ウイスキーの代表ともいえる山崎シリーズ。
サントリーの山崎蒸留所で、モルト原酒のみで作られています。
お酒をあまり飲まない方でも知っている方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、その山崎シリーズの中でも入手困難と言われる「山崎18年」です。

「山崎18年」はフルボディタイプのシングルモルトウイスキーです。
一番の特徴は、熟成された風味。
これは18年という歳月の間、熟成されてきたから出せる味です。
シェリー樽で18年以上熟成した原酒などをブレンドし、後熟して作られます。
そのためなかなか大量生産ができず、希少価値も高まっているのです。

オススメの飲み方は、芳醇な香りをしっかりと感じられるストレート。
甘美な香りも感じられるので、チョコレートやドライフルーツとの相性も抜群です。
食後の1杯にぴったりですね。

以前は購入しやすかったものも、だんだんと希少性が高くなることもあります。
もし、家に眠ったままのウイスキーがあるなら買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、無料で査定もおこなっています。
LINE、電話、メール、FAXで査定できるので、いくらになるか気になる!と思ったらぜひ連絡してみてくださいね。
お待ちしております。

ウィスキー高価買取

【バーボン/ウイスキー】ワイルドターキー 高価買取実施中です!

ワイルドターキー

七面鳥のラベルが目印の「ワイルドターキー」というバーボンをご存知ですか?
「ワイルドターキー」は、まさにこの七面鳥が名前の由来になっています。
1940年に蒸留所のオーナーであったトーマス・マッカーシー氏が七面鳥のハンティングに出かけるとき、いつもバーボンを持ち出していました。
なんとこのバーボンが、狩仲間から好評。
狩仲間の一人が、七面鳥ハンティングにちなんで、「ワイルドターキー」と呼び始めたのがきっかけです。
この名前を、トーマス・マッカーシー氏も気に入ったことから、お酒の名前になりました。

「ワイルドターキー」の特徴は、アルコールを抑えた作り方です。
バーボンは、蒸留のときの度数は80度以下で作りのですが、「ワイルドターキー」は60~65度まで抑えます。
また、樽詰めするときも、通常は62.5度以下にしますが、こちらも54~55度以下。
これは、原材料の風味を感じられるようにするために度数を抑えているのです。
ワイルドターキーを飲むときは、ぜひその香りも十分に堪能してみてください。

「バーボンをいただいてしまったけど飲めない」
「家を掃除していたら眠っていたお酒が出てきた」
そんなときは、ぜひ買い取りに出してみてください。
買取センター.comではLINEや電話、メールにて無料で査定をおこなっています。
ぜひお気軽にご連絡ください!

ウィスキー高価買取

【スコッチウイスキー】ジョニーウォーカー ブルーラベル高価買取受付中!

ジョニーウォーカー

「ジョニ黒」「ジョニ赤」という言葉を聞いたことはありますか?
これは「ジョニーウォーカー」というスコッチウイスキーの赤ラベルや黒ラベルのことを指しています。
「ジョニーウォーカー」は、ジョンウォーカーという方によって、1820年に生まれました。
紅茶のブレンディングをヒントにしながら、シングルモルトウイスキーのブレンディングをスタートしたことがきっかけだそう。
品質の高さから少しずつ人気になり、今や世界的にも有名なウイスキーとなりました。

その中でもブルーラベルは、ジョニーウォーカーの最高峰。
熟成年数にとらわれず、希少な原酒のみを使って作られます。
味わいは、芳醇さ、力強さ、まろやかさが感じられ、ウイスキーが好きな方からの人気がある1本です。

「飲めないのにプレゼントにジョニーウォーカーをいただいてしまった」、「家の倉庫からスコッチウイスキーが見つかった」という場合もありますよね。
そのまま家で眠らせてしまうのであれば、買取査定に出してみませんか?
買取センター.comでは、メールや電話はもちろん、LINEでも無料で査定をおこなっています。
ウイスキーはもちろん、それ以外のお酒の高価買取を実施していますので、ぜひお気軽に相談してみてくださいね!

ウィスキー高価買取

【モルトウイスキー】軽井沢 貯蔵15年 高価買取受付中!

軽井沢

「軽井沢」というウイスキーはご存知ですか?
今はすでに無くなってしまった軽井沢蒸留所で作られていたウイスキーです。
軽井沢特有のきれいな空気や涼しい気候がウイスキー作りにもぴったり。
ウイスキー「軽井沢」の魅力といえば、深い味わいです。
誰もが楽しめる、というより個性の強い味に仕上がりました。

1955年からお酒造りがスタートされ、生産が終わったのは2000年。
その後の2012年に軽井沢蒸留所は完全閉鎖されてしまいます。
そのため、今や希少性の高いウイスキーなのです。

また、受賞暦もあります。
2001年、2002年と軽井沢シリーズは、インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティションで金賞を受賞。
世界からも認められるウイスキーなのが分かります。

そんなウイスキーやワインが家の倉庫で眠っていた、プレゼントでもらったお酒が飲めないといった場合もあるでしょう。
眠らせたままではもったいないですから、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、メールや電話はもちろん、LINEでも無料で査定をおこなっています。
お酒がどのぐらいで売れるのか分からない方は一度、ご連絡してみてくださいね。
もしかしたら、とても価値のあるお酒かもしれませんよ。

1 / 1812345...10...最後 »

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.