お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

商品知識

【世界三大ブランデー】コニャックとは

コニャック

世界三大ブランデーと言われて、銘柄をパッと思い浮かぶ方は少ないかもしれません。
・コニャック
・アルマニャック
・カルヴァドス

この3つが世界三大ブランデーです。
今回はこの中でもコニャックをご紹介します。

コニャックとは、ブドウを原料としたグレープブランデーの一つ。
フランスのボルドー地方にあるコニャック地方で作られ、さらに一定の規定をクリアしたブランデーのことです。
コニャックのアルコール度数は40%ほど。
同じブドウを原料に使うワインは10~15%ほど。
この違いは、ワインの状態から2回蒸留することで、アルコール度数が高くなるためです。
原料は同じでも違ったお酒が完成するのはおもしろいですね。

芳醇な香りが特徴のコニャックなので、飲み方のおすすめはロックやストレート。
カクテルで飲まれることも多いお酒です。
有名な銘柄というと、次の4つが挙げられます。
・ヘネシー
・レミーマルタン
・マーテル
・クルボアジエ

ヘネシーやレミーマルタンは特に耳にしたことのある方も多いでしょう。
どちらも1700年代に創業され、歴史のあるお酒です。
ヘネシーでは、樽にこだわりがあり、樹齢100年を越える樹木を使うなど、熟成の檀家に力をいれています。
また、レミーマルタンは蒸留方法に特徴があり、通常は沈殿したブドウのカスをろ過してから蒸留する工程を、ろ過せずに蒸留しています。これにより、味わい深くしているのです。

コニャックと言っても銘柄によって味もさまざまです。
色々と飲み比べしてみてくださいね。

商品知識

スピリッツとリキュールの違い

リキュール

カクテルのベースに使われることの多いスピリッツやリキュール。
どのような違いがあるか分からない方も多くいると思います。
今回は何気なく飲んでしまうスピリッツとリキュールの違いを解説します。

スピリッツとリキュールはどちらも蒸留酒です。
その違いは、果実や香草の風味付けや甘みを加えているものがリキュール、そうでないものがスピリッツです。
細かく見ていきます。

スピリッツは蒸留酒全般のことなのですが、蒸留酒で思い浮かぶのはウイスキーやブランデーの方が多いはず。
しかし、スピリッツにはウイスキー等は含みません。
つまり、“スピリッツ=ウイスキー、ブランデー、焼酎以外の蒸留酒”です。
スピリッツの中でも有名なのは、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラですね。

そして、リキュールは、蒸留酒に香草や果実で風味付けしたものです。
大きく分けて、フルーツ、カカオなどの種子、ハーブ、その他の4種類に分類できます。
例えば、カシスリキュールやオレンジの果皮で作るコアントローが有名ですね。

一見似ているリキュールとスピリッツ。
何気なく飲んでいるかもしれませんが、少し注目して自分がどんな種類が好きなのか気にしてみても楽しいですね。
買取センター.comではスピリッツやリキュールのお酒も買い取りをしていますので、
お気軽にご相談ください!

商品知識

焼酎 水割りのおいしい作り方

焼酎水割り

焼酎はサワーや、ロックなどさまざまな飲み方がありますが、水割りを好む方も多いですよね。
お店で頼むと絶妙なバランスで出てくる水割り。
しかし、家だとなかなかおいしく作れません。
どうしたらおいしい水割りが飲めるのか、水割りの作り方をご紹介します。

まず、焼酎と水の割合は次の通りです。

焼酎:水=6:4

焼酎のほうが多いんですね。
焼酎のアルコール度数は20%ほど。
水で割ることで、5~10%ほどに変わるので、焼酎の割合が多くてもそんなに心配はいりません。

水割りの作り方は、入れる順番が大切です。

1.グラスに氷を入れてグラスを冷やす
2.グラスから余分な水を捨てる
3.焼酎を注いで、軽くかき混ぜる
4.水を注いで、軽くかき混ぜる

焼酎を氷でしっかり冷やしてから、水を入れることでスッキリとしたおいしい水割りが完成します。

「焼酎をもらったけど飲めない」
「家を整理していたら焼酎が出てきた」
そんなときは買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、焼酎だけでなくワインやウイスキー、ブランデーなど様々なお酒を買い取っています。
いくらになるか分からなくて不安な方も、LINEや電話、メールにて無料で査定をおこなっていますので、
お気軽にご連絡くださいね。

商品知識

赤ワインの【タンニン】って何?

タンニン

赤ワインを飲むときに出てくるのが渋みを表す「タンニン」。
よく耳にはしますが、タンニンがどんなものなのかはご存じない方も多いでしょう。
今回はタンニンとはどういった成分なのか解説します。

タンニンとは、ポリフェノールの一種のことで、ブドウの果皮と種子に多く含まれています。
なぜこのタンニンが白ワインよりも赤ワインに含まれているのかというと、
赤ワインは、ぶどうの果皮や種子、果実を一緒に発酵しているからです。
ちなみに白ワインは果皮と種子は取り除いて作られます。

ワインのフルボディやミディアム、ライトといった分類の仕方はタンニンの豊富さで決まると言われています。
タンニンが多いとワインがしっかりとし、重たさも増します。
この分類には重たさだけでなく甘みも関係しているのですが、タンニンの量だけで見るとフルボディになるほど多い傾向にあるのです。

ワインは熟成させるほど、まろやかになると言われているのですが、
この味の変化にもタンニンは大きな役割を果たしています。
タンニンは他の成分を結合しやすく、若くて苦味のあったワインの味わいも、渋さに変化を与えてくれるのです。

この赤ワイン独特の渋さは好きな方もいれば苦手な方もいます。
「もらった赤ワインがフルボディで飲めないかもしれない」。
そんなときは買い取りに出してみてはいかがでしょうか?
買取センター.comでは無料で査定もおこなっています。
ぜひお気軽にご相談ください!

商品知識

正しいブランデーグラスの持ち方

ブランデーグラス

ブランデーを飲むとき、思い浮かぶのはグラスを手のひらで覆うような持ち方。
少しグラスを揺らしながら香りを楽しみながら飲むのが大人・・・そんなイメージありますよね。
この飲み方、本当に合っているのでしょうか?

グラスを手で覆うようにするのは、実はあまり良くない飲み方なんです。
この持ち方をするとブランデーがだんだん温まってしまい、風味を損ねてしまう恐れがあります。
昔のブランデーは注いだだけでは香りが立ちにくかったことから、ブランデーを温めて香りを出していました。
しかし、現在のブランデーは注いだだけでもふわっと香るようなブランデーばかりです。
むしろ手のひらで温めてしまうとアルコールの刺激臭を強めてしまい、風味が変化してしまいます。

では、どの温度で飲むのがいいのかというと、ストレートなら18℃前後です。
このぐらいの温度であれば、香りも立ちやすく、ブランデーをより楽しめますね。
グラスの足の部分を持ち、温めないようにして香りを感じながら飲んでみてください。

ブランデーは年代物も多く、家に眠ったままの人もいるかもしれません。
ご自分で飲まない方は買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comではブランデーだけではなく、ウイスキー、ワインなどさまざまなお酒を買い取りしています。
無料で査定もおこなっていますので、お気軽にご連絡ください!

商品知識

ラム酒ってどんなお酒?

ラム酒

お菓子作りやカクテルのベースとしてよく使われるラム酒。
ワインやウイスキー、日本酒はなんとなく原材料がわかります。
でもラム酒はそもそも何でできたお酒なのか分からない方も多いはず。
今回はそんなラム酒とはどんなお酒かご紹介します。

ラム酒の原材料は、サトウキビです。
あの独特な甘さはサトウキビからきていたんですね。
ラム酒は、サトウキビから砂糖にする工程でできるモラセスという液体や搾り汁を使って作られます。

ラム酒にも実は種類があり、色味によって次の3種類に分けられています。

・ホワイトラム
クセが少なく、カクテルで使われることが多いです。
樽で熟成させた後、活性炭でろ過するため透明に仕上がります。

・ゴールドラム
香りと甘さが感じられ、お菓子作りに使用されやすいラム酒。
樽で熟成させた後はろ過せずにそのまま瓶詰めされるため色が薄く付いています。

・ダークラム
3年以上、蒸留した原酒を焦がした樽で貯蔵して作られるため、風味が強いもの。
ストレートでも飲まれます。

色味だけでなく、風味によって、ライト・ミディアム・ヘビーと三段階に種類分けされています。
ジン、ウォッカ、テキーラとともに世界4大スピリッツに挙げられるほど、カクテルに欠かせないラム酒。
お菓子作りやカクテル作りの参考にしてみてくださいね。

シャンパン高価買取

【高級シャンパン】ルイ・ロデレール クリスタル 高価買取実施中です!

ルイ・ロデレール

シャンパンで、「モエ・エ・シャンドン」と同様に覚えておきたいのが、「ルイ・ロデレール」。
今回はこのルイ・ロデレールの中でも顔と言われる「クリスタル」をご紹介します。

「クリスタル」は、ルイ・ロデレールを愛したロシア皇帝のアレクサンドル2世のために作られたと言われています。
アレクサンドル2世は自分のための1本を作ってほしいとお願いしました。
そして完成した1本をクリスタルガラスの瓶に詰め、高貴さを表したことから、「クリスタル」と呼ばれるようになります。

「クリスタル」は優良年のみに作られるため、必ず毎年作られるわけではありません。
シャルドネ40%と、ピノ・ノワールを60%ブレンドして作られるその味は、フルーティーでまろやか。
ミネラルさ、白い花や柑橘類も感じられる、まさに最高峰のシャンパンです。

特徴の一つとして長期での保管が可能なことが挙げられます。
その期間なんと20年以上。
もし、家の戸棚を整理していてルイ・ロデレール クリスタルが出てきたら、お値打ちが付くかもしれません。
そんなときはぜひ買取センター.comにお手伝いさせてくださいね。
「金額が分からないから不安」という方も、LINEや電話、メールにて無料で査定もおこなっているのでお気軽にお問い合わせください!

商品知識

【赤ワイン?白ワイン?】ロゼワインの作り方

ロゼ

ピンクでかわいらしいお酒のロゼワイン。
グラスに注がれただけでもテンションが上がりますよね。
そんなロゼワインですが、ピンク色というだけで、「赤ワインと白ワインが混ざっているんじゃないの?」と考える方もいます。
しかしそうではありません。
混ぜることはヨーロッパのほとんどの地域で禁止されている方法です。

ではどのようにしてロゼワインが作られるのかと言うと、赤ワインと白ワインのそれぞれの製法で作ることができます。

【赤ワインと同じ作り方のマセレーション法】
使うブドウ:黒ブドウ
赤ワインは黒ブドウの皮や種も丸ごと発酵して作られます。しかし、ロゼワインは種や皮も一緒に醸してから取り除き、果汁だけを発酵し作ります。

【白ワインと同じ作り方の直接圧搾法】
使うブドウ:黒ブドウ
白ワインで使うのは白ブドウです。ですが、ロゼは黒ブドウで白ワインの製法によって出来上がります。
ブドウの皮と種を最初に取り除いておき、果汁だけを発酵させて作ります。

ここまで見ると、ベースは基本的に黒ブドウを使い、果汁だけの発酵をメインにしていることになります。
しかし、黒ブドウと白ブドウを合わせて作る混醸法もあり、作り方もさまざまなんです。
ピンク色だから赤ワインと白ワインを混ぜたわけではなく、ブドウの種や皮を発酵しないことから色が薄くなっていたのです。
ぜひキレイなロゼワインを堪能してみてくださいね。

商品知識

【ストレートだけじゃない】ブランデーの飲み方

ブランデーのみかた

ブランデーはストレートで飲まなければ良さが分からない。
突然ですが、そんな風に思っている方はいませんか?
「なんとなくストレートで頼まないと格好が付かない。でも実は苦手。」
そう思っているなら、好きな飲み方でブランデーを飲んでみてください。
他の飲み方でもブランデーの良さが感じられるんです。
今回はストレート以外のブランデーの飲み方をご紹介します。

・ロック
グラスに大きな氷を入れて飲むロック。
だんだんと氷が溶けてブランデーの味わいに変化が出るのが特徴です。

・ソーダ割り
ソーダで割るイメージはあまりないかもしれませんが、実は飲みやすくなるのでブランデーを普段飲まない方にもおすすめです。

・ニコラシカ
ブランデーを使ったカクテルです。
輪切りのレモンと砂糖をグラスに乗せるだけ。
ほとんどストレートではありますが、レモンの酸味と砂糖の甘みでまた違った味わいが感じられます。

・カフェロワイヤル
ホットコーヒーを使って作ります。
スプーンに乗せた角砂糖にブランデーをかけ、火をつけて、ブランデーが燃えたらスプーンをコーヒーに溶かして飲みます。
火を使ったちょっと面白い飲み方ですね。

カクテルはここに挙げた以外にもたくさん飲み方があるので気になるものを調べてみてください。
ストレートだけでなく、自分が飲みやすい割り方をしてみるのもいいですよ。

商品知識

【冬におすすめ】ウイスキーはホットで飲む

ホットウイスキー

ウイスキーといえばどんな飲み方が思いつきますか?
ロックやストレート、ソーダ割りなどが多いですよね。
今回ご紹介したいのは冬にピッタリな「ホット」で飲む方法です。
寒い中、家に帰ってきてウイスキーで体と心が温まる、そんなホッとする瞬間が味わえますよ。

ホットウイスキーで必要なものは、温めたグラスとお湯だけです。
作り方は次の通り。

1.耐熱のグラスを温める
2.ウイスキーを注ぐ(量はお好みで)
3.ウイスキーの倍量のお湯を注ぐ

お湯の適温は、沸騰した状態ではなく少し冷めた80度ぐらいがいいでしょう。
ウイスキーの香りがしっかりと感じられる状態になります。

ホットウイスキーに一工夫すると、また違った味わいになるのも楽しみ方の一つです。
ちょい足しにピッタリなのはこちら。

・レモン
・シナモン
・はちみつ

ウイスキーにプラスするだけで、ちょっとしたデザートのような気分も味わえますね。
だんだんと肌寒くなる季節です。
ホットウイスキーでいつもと違うリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

「ウイスキーが家にあるけどなかなか飲まない」。
そんな方もいると思います。
その場合はぜひ買い取りに出してみてください。
値打ちがつくのか悩んでしまっても、買取センター.comなら無料で査定もおこなっていますよ。
LINEやメール、お電話でお気軽にご連絡ください!

1 / 6712345...102030...最後 »

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.