お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

商品知識

モルトウイスキーとグレーンウイスキーは何が違う?

ウイスキー種類

ウイスキーには種類があるのをご存知ですか?
初心者の方やあまりお酒を飲まない方は知らないかもしれません。
ウイスキーは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーの2種類に大きく分けられます。
そして、この2つを合わせたものをブレンデッドウイスキーと言います。
今回はこれらウイスキーの違いについて解説します。

モルトウイスキーは大麦の麦芽が原料で、単式蒸留機で作られます。
それに対し、グレーンウイスキーはトウモロコシや小麦などの穀類が原料で、連続式蒸留機で作られます。
先ほどブレンデッドウイスキーは2種類を合わせたものと述べましたが、その割合については明確な決まりはありません。
ウイスキーの中でも細かく原料や製法が異なっていたんですね。

そして味の違いです。
モルトウイスキーは、樽で寝かせて作られるため、熟成された味わいに。
それに対しグレーンウイスキーは、短時間で作られることから軽い味わいです。
深い味わいならモルトウイスキー、飲みやすさならグレーンウイスキーになります。
また、ブレンデッドウイスキーは、どんな種類のウイスキーをどのぐらい使うかによって変わってきます。
グレーンウイスキーが芳醇に変化していくことを楽しめるのもブレンデッドウイスキーの良さと言えるでしょう。
少し意識して、ウイスキーを飲んでみるとより楽しくなりますよ。

ウィスキー高価買取

【ウイスキー】Ardbeg PERPETUUM 高価買取中です!

パーペチューム

「Ardbeg(アードベッグ)」は知っていますか?
これは、スコットランドにあるアイラ島という小さな島で1815年に生まれたウイスキーです。
時代が変化する中で、伝統的な製法で変わることなく作り続けられてきました。
そして、誕生から200年が経ったことを祝福して作られたのが「Ardbeg PERPETUUM(アードベックパーペチューム)」です。
「パーペチューム」とはラテン語で「永久」という意味があり、伝統的なこのお酒を表しています。

バーボン樽と、シェリー樽で熟成した原酒から作られるこの1本は、世界で一番スモーキーと言われるほど。
スパイシーさと、強烈なピート香がしっかりと感じられるんです。
それだけでなく、繊細でクリーミーな甘さも現れてくるので、飲むと虜になってしまうかもしれません。
ウイスキー好きなら飲んでみたい1本ですね。

ウイスキーは苦手なのに家に何本かあるという方もいると思います。
そんな方は、買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、ウイスキーをはじめ、ワインや日本酒などさまざまなお酒を高価買取しています。
LINEやメール、電話にて無料で査定をおこなっていますので、いくらになるか分からないと不安な方も連絡してみてくださいね。

ウィスキー高価買取

【ウイスキー】サントリー 山崎 18年 高価買取中です!

山崎18年

日本ウイスキーの代表ともいえる山崎シリーズ。
サントリーの山崎蒸留所で、モルト原酒のみで作られています。
お酒をあまり飲まない方でも知っている方も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、その山崎シリーズの中でも入手困難と言われる「山崎18年」です。

「山崎18年」はフルボディタイプのシングルモルトウイスキーです。
一番の特徴は、熟成された風味。
これは18年という歳月の間、熟成されてきたから出せる味です。
シェリー樽で18年以上熟成した原酒などをブレンドし、後熟して作られます。
そのためなかなか大量生産ができず、希少価値も高まっているのです。

オススメの飲み方は、芳醇な香りをしっかりと感じられるストレート。
甘美な香りも感じられるので、チョコレートやドライフルーツとの相性も抜群です。
食後の1杯にぴったりですね。

以前は購入しやすかったものも、だんだんと希少性が高くなることもあります。
もし、家に眠ったままのウイスキーがあるなら買取に出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは、無料で査定もおこなっています。
LINE、電話、メール、FAXで査定できるので、いくらになるか気になる!と思ったらぜひ連絡してみてくださいね。
お待ちしております。

商品知識

赤ワインとのマリアージュを知ろう

赤ワインマリアージュ

レストランでワインを頼むとき、食事との相性が分かるとより楽しい時間になりますよね。
赤ワインには肉、白ワインには魚というイメージがあるかもしれません。
しかしその中にもさらに細かく食事との相性があるんです。
今回は赤ワインと相性の良いおつまみについてご紹介します。

ワインと料理の相性考えるポイントは2つあります。
まず一つ目はワインの重たさで考えること。
具体的に見ていきましょう。

・重くて渋いフルボディ
重めの料理を合わせるとどちらかが負けることなく相性抜群。
例えば、ステーキやビーフシチューがいいですね。

・軽めのライトボディ
脂が少ない軽めの料理がいいです。
オマールエビやなどの魚介や、トマトソースがベースも料理など合います。

・まろやかなミディアムボディ
軽やかにつまめるものが合います。
例えば焼き鳥やエビチリ、照り焼きなど味はいsっかりとありながらも重過ぎないおつまみがおすすめです。

また、もう一つのポイントは味付けです。
ワインには酸味がありますが、酸味の強い食べ物には酸味がしっかりと感じられるワインが相性抜群。
スパイシーなワインには、スパイスが強めの料理など味付けベースで選ぶのもポイントです。

同じ赤ワインでも味の幅は広いですから、一番相性の良い組み合わせを探ってみてくださいね。

商品知識

【何が違う?】日本と韓国の焼酎

韓国焼酎

韓国焼酎を飲んだことはありますか?
焼酎というと日本のお酒というイメージを抱く方も多いかもしれません。
日本の焼酎と同じように韓国の焼酎も透明な色をしています。
飲んでみると味が違うのが分かりますが、具体的には何が違うのでしょうか。

韓国の焼酎と日本の焼酎の一番の違いは、原料です。
日本は、米焼酎や麦焼酎、芋焼酎など使用する穀物は1種類です。
しかし、韓国ではお米や麦、サツマイモなど様々な原料を混ぜ合わせて作っています。
だから日本の焼酎とは味が違っていたのですね。

製法や飲み方にも違う部分があります。
日本の焼酎は甲類焼酎と乙類焼酎の2種類に分けられますが、韓国は甲類焼酎がメインです。
日本で甲類焼酎を飲むときはサワーやお茶と合わせるなど、割り物に使い、あまりそのまま飲む方は少ないです。
しかし、韓国ではショットなどそのままの味を楽しむ飲み方が主流になっています。
味も、日本に比べ韓国焼酎はスッキリとしていて、癖のないものが多いです。
アルコール度数も日本のは25度前後ですが、韓国は20度前後。
そのためショットでも飲めてしまうのでしょう。

韓国焼酎の楽しい飲み方を一つご紹介します。
「爆弾酒」です。
これは、グラスに入ったビールにショットの韓国焼酎を注いで作るお酒。
酔いも早く回ってしまうような飲み方なので試す方は注意してくださいね。

韓国と日本の焼酎の飲み比べも楽しそうですね。
ぜひ飲んでみてください。

商品知識

【冷酒と冷やの違い】日本酒の呼び名

日本酒温度

日本酒は温度によって呼び名が変わるのをご存知ですか?
「熱燗」は聞いたことのある方も多いかもしれません。
それ以外にも、日本酒の呼び方は様々です。

まずは、勘違いのしやすい「冷や」の状態から解説します。
「冷や」というと冷たい状態を想像しますが、実は“常温の状態”を指しています。
では、冷たい状態の日本酒はなんと呼ぶかというと、「冷酒」です。
少しまぎらわしくて混乱してしまいますよね。
「冷や」は常温、「冷酒」は冷たい状態です。

日本酒の呼び名は、5度刻みで名前が付いています。
例えば、5度は「雪冷え」、10度は「花冷え」などです。

よく居酒屋で耳にする呼び名は次の通り。

・冷や 20度
・人肌燗 35度
・ぬる燗 40度
・熱燗 50度

“冷”という漢字から“燗”に変わっていますよね。
“燗”とは、「燗をつける」からきています。
「燗をつける」とはお酒を温めるという意味です。
傾向として、温度は上がれば上がるほど酸味よりも甘みを感じやすくなります。
香りやアルコールも温度が高いほうが感じられるでしょう。
飛切燗という55度にまで温度を上げると、アルコールもかなり強く感じます。

お店に行くとどのぐらいの温度が良いか聞かれることもあるかもしれません。
好みの温度を知っておいてもいいですよね。

商品知識

ワインの上手な注ぎ方

ワイン注ぐ

自宅やお店でワインを飲むとき、自分でワインをうまく注げますか?
ついこぼしてしまったり、かっこよく注げないという方も多いかもしれません。
今回はワインを上手に注ぐポイントを解説します。

ワインをうまく注ぐには次の4点がポイントです。

・安定して持つ
・勢いをつけない
・並々注がない
・最後にひねるように注ぎきる

・安定して持つ
よくソムリエの方が片手でワインを注ぐのを見かけますが、慣れていない方が片手で注いでこぼしてしまっては大変です。
まず片方の手の親指をボトルの底に当て、残りの指でボトルを支えます。
さらにもう片方の手でボトルをさらに支えて注いでいきます。

・勢いをつけない
注ぐときに勢いをつけてはいけません。風味が変化する可能性があります。
グラスの淵から少しだけボトルを離して、空気に触れさせながら注いでください。

・並々注がない
並々注ぐのではなく、グラスの3分目ぐらいを目安にしましょう。

・最後にひねるように注ぎきる
最後はボトルをひねるようにするとポタポタ垂れるのを防ぐことが出来ます。

ちなみにシャンパンやスパークリングワインは炭酸が入っているので、2回に分けて注ぎましょう。
1回目で多めに入れてから、少し様子を見ると泡が落ち着いてくるのが分かります。
その後に少し追加するとスマートですよ。
ぜひ試してみてくださいね。

商品知識

クラフトビールってどんなお酒?

クラフトビール

突然ですが、クラフトビールはどんなお酒かご存知ですか?
なんとなく普通のビールよりも濃厚そうでおいしいのでは?と思っている方もいるかもしれません。
今回はクラフトビールとはどんなビールなのか解説します。

クラフトビールはアメリカのブルワーズ・アソシエーションという協会によって定義付けがされています。

・小規模
・独立している
・伝統的である

この3つの条件をクリアしているかで決まります。
クラフトビールというより、クラフトビールを作る醸造所に関しての条件ですね。
実は、この条件は日本でそのまま当てはめるのは難しいのです。
例えばアメリカでは生産量などに具体的な数値が示されているので、
小規模かどうかははっきりと判断できるのですが、現在日本では決められていません。
つまり、日本のクラフトビールの定義は曖昧なんですね。
曖昧ながらも、日本では“大手ビールメーカー以外の小規模な醸造所が作るビール”と言われることが多いです。
なんとなくクラフトビールには個性的な味が多いような気がしますが、
それも小規模の醸造所で自由に作っているからかもしれません。

クラフトビールなのか、そうでないかにこだわるよりも、
ビールそのものの味を楽しんでいきたいですね。

商品知識

【世界三大ブランデー】カルヴァドスとは

カルヴァドス

カルヴァドスはあまり耳にしたこのない方もいるかもしれません。
フランスで作られる世界三大ブランデーの一つです。
今回はカルヴァドスの特徴をご紹介します。

カルヴァドスは、フランスのノルマンディー地方で作られます。
他の世界三大ブランデーであるコニャック、アルマニャックとの違いは原料です。
この2つのブランデーはブドウを使いますが、カルヴァドスの原料はりんご。
りんごのお酒というと、シードルを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
カルヴァドスはりんごの蒸留酒であるシードルを樽熟成し、作られます。
ちなみに、りんごだけではなく洋梨も30%以下なら混合していいとされています。

日本ではスイーツやパン作りに用いられることが多くあります。
フルーツをカルヴァドスに漬け込んでスイーツに使われていたりするんです。

お酒として楽しみたい方は本場フランスのように食後酒として味わってみてください。
元々、フランスのコース料理の最後に楽しまれていた背景があります。
お酒として飲む方は、ストレートやロックで香りを風味を感じてみてください。
度数が40度と強いので、りんごジュースで割るのもオススメです。

あまり馴染みのないお酒かもしれませんが、りんごのブランデーを味わってみてくださいね。

商品知識

【世界三大ブランデー】アルマニャックとは

アルマニャック

コニャックとの違いが分かりにくいアルマニャック。
こちらも世界三大ブランデーの一つです。
今回はこのアルマニャックをご紹介します。

アルマニャックはコニャックと同様に、フランスで作られ、ブドウを原料としてブランデー。
何が違うのかと言うと、産地と製法です。
コニャックはコニャック地方、アルマニャックはアルマニャック地方で作られます。

また、製法はコニャックが単式蒸留機で2回の蒸留。
アルマニャックは半連続式蒸留機で1回の蒸留をおこないます。
このため、コニャックよりもアルマニャックのほうが力強い味わいの傾向にあります。

アルコール度数は40度以上と強いのですが、芳醇な香りが楽しめるのでストレートやロックで飲んでみてください。贅沢にコニャックと飲み比べてもいいですね。

では、有名な銘柄をご紹介します。

・シャポー
・ジェラス

シャポーは日本でも販売されていることの多いアルマニャックです。
フランスでの輸出量も多く、定番と言えるでしょう。
中でもV.S.O.Pはフルーティーな風味が感じられて、
アルマニャックをあまり飲んだことのない方にもオススメです。

また、ジェラスは150年以上続く老舗ブランドで、ビンテージものも多く存在しています。
「ジェラス10年」は、アルマニャック地方の中でも最も良いとされるバ・アルマニャックのブドウを使っています。
バニラの香りや香ばしさが感じられますよ。

ぜひアルマニャックを飲んでみてくださいね。

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.