お知らせ

高価買取の実績やお知らせ

商品知識

【ロシアの命の水?】ウォッカって結局どんなお酒?

ウォッカ

ジン、テキーラ、ラムと並んで世界4大スピリッツと言われるウォッカ。
カクテルのベースにもよく使われるので、知らずに飲んでいたなんてこともあるかもしれません。
ウォッカはそもそもどんなお酒なのでしょうか?

ウォッカはロシア語の「命の水」が語源とされています。
その名の通り、ロシアからウォッカは広まりました。
それ以外にも、スウェーデンやフィンランド、アメリカ、ポーランドなどで造られています。
寒い地域で飲まれていたんですね。

原材料は、大麦やジャガイモです。
薬草を加えて蒸留するため、香りや切れ味に特徴があります。
キレがよく、クリアな味わいで、カクテルなど割りものにもよく使用されます。

アルコール度数は高いイメージがありますが、通常売られているもので40度前後。
高いものだと、ポーランドの「スピリタス」で、96%と非常に高くなっています。
あまりにも高くて驚いてしまいますよね。

ウォッカのおすすめの保存方法として、冷凍庫での保管があります。
アルコール度数が高いため、凍ることがないんです。
注ぐとトロ~っとしていて、キンキンに冷えています。
おうちで飲むときはぜひ冷凍庫に入れて、カクテルなどに使用しながら楽しんでくださいね。

リキュール高価買取 商品知識

グランマルニエってどんなお酒?

グランマルニエ

『グランマルニエ』というリキュールを聞いたことはありますか?
お菓子作りで使われるイメージがあるかもしれません。
なんとなく名前を知っていても実際にどのような味なのか分からない方もいると思います。
今回は、グランマルニエについてご紹介します。

グランマルニエのベースはコニャックです。
そこに、ビターオレンジの果皮のエキスを加えて、熟成させたのがグランマルニエ。
オレンジの皮で造るリキュール、オレンジキュラソーの一種です。
オレンジの風味のお酒、と考えるとわかりやすいですね。

オレンジ風味のお酒は他にもコアントローがあります。
ですが、コアントローはオレンジキュラソーではなくホワイトキュラソーと言われています。
コアントローは白色でオレンジの甘みが中心、それに対しグランマルニエは琥珀色でオレンジの甘み・苦みが両方あります。
同じオレンジベースのリキュールでも細かく違いがあるのですね。

リキュールはさまざまな種類があるので、間違えて購入してしまうこともあるかもしれません。
買取センター.comではブランデーやウイスキーだけでなく、リキュールの買取もおこなっています。
お値段が分からなくて不安な方は無料で査定もおこなっていますので、ぜひお問い合わせください!

シャンパン高価買取 商品知識

【幻のシャンパン】サロンとは?

サロン

幻のシャンパンと呼ばれる“サロン”はご存じですか?
正式名称は、『サロン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン』。
幻と言われる理由は高品質で生産数がごくわずかだからです。
100年間で、37回しか製造されていないという希少なヴィンテージシャンパン、一度飲んでみたいですよね。

サロンは、メニル・シュル・オジェという特級畑(グラン・クリュ)で造られるシャルドネを100%使っています。
グラン・クリュとは、フランスのブルゴーニュ地方で畑の区画を分ける時の特級(グラン・クリュ)のことです。一般(プルミエ・クリュ)と分けられています。
100年で37回しか製造されていないのには、このブドウの品質が高かったときのみサロンを作っていないからなんです。

サロンは、コクがしっかりとあるシャンパンです。
スムースな口当たり、繊細かつしっかりとした味わいが楽しめます。
一度飲むと気品感じるサロンが忘れられなくなるかもしれません。

サロンのような高級なシャンパンでなくても、買取センター.comでは買取を受け付け中です!
ワイン、シャンパン、ブランデー、ウイスキー、日本酒…和洋酒問わず買取をしています。
値段が分からない方は無料で査定も行っていますので、ぜひ一度ご連絡ください。

ブランデー高価買取 商品知識

【お城で造られたブランデー】オタールって?

オタール

「オタール」は、2002年にコニャック・オブ・ザ・イヤーを受賞したブランデーです。
クセが強いとされるブランデーの中でも飲みやすいといわれています。

創業は1795年と古くからある銘柄で、ずっとフランスにある古城、『シャトー・ド・コニャック』で製造されてきました。
元々フランス革命まで、王家が所有していたのですが、革命後国に没収。
それをオタールの創業者であるジャン・バティス・オタールが買取り、この城でコニャックを製造していたのです。

なぜ、『シャトー・ド・コニャック』で製造していたのか、それは城の地下環境が理由でした。
コニャックの製造は、70~90%の湿度で熟成されることが多くあります。
古城の地下は湿度が90%。ブランデーの熟成環境に適していたのです。
オタールのなめらかな味わいもこの高湿度によってもたらされていると考えられています。

オタールに限らず、コニャックなどブランデーは意外と家に眠ったままのこともあります。
掃除をしていて発見した、保管したままのお酒がある、そんな方は買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
買取センター.comでは無料で査定も実施中です。
お気軽にご連絡ください!

商品知識

コーヒー焼酎っておいしいの?

コーヒー焼酎

「コーヒー焼酎」を聞いたことはありますか?
コーヒー焼酎とは、コーヒー豆を焼酎に漬け込んだお酒です。
聞いただけでは、「おいしいのかな?」と疑ってしまう組み合わせですよね。
コーヒー豆はお酒に意外と合うんです。

作り方は、簡単です。
1.焼酎100mlに10gの焙煎したコーヒー豆を入れる
2.密閉できる容器で3~7日漬けておく
3.完成したら豆を濾す

漬けている間は、冷暗所で保管してください。
合う焼酎はクセがあまりない甲類焼酎がおすすめです。
コーヒーの香りと焼酎の香りがぶつからないようなものを選んでみてください。

では、コーヒー焼酎の楽しみ方をご紹介します。
・ロック
まずはロックで試してみてください。
コーヒーと焼酎の香りをしっかりと感じられますよ。

・ミルク割り
コーヒー焼酎:ミルクを1:3の割合で混ぜ合わせたもの。
甘味を足したい方はシロップを追加するのがおすすめです。

・ソーダ割り
炭酸の爽快感がコーヒーの爽やかさとマッチします。
夏に飲みたいお酒ですね。

いつもの焼酎に飽きてしまった方や、新たなお酒に挑戦してみたい方はぜひ試してみてくださいね。
食後の1杯にもぴったりです。

商品知識

結局ボジョレーヌーボーって何?

ボジョレー

11月に入ると毎年話題になるお酒があります。
ボジョレーヌーボーです。
テレビなどで耳にしたことのある方も多いはず。
しかし、ボジョレーヌーボーがどんなワインなのか具体的分からない方もいるのではないでしょうか。
ボジョレーヌーボーは、フランスのボジョレー地区で生まれた新しいワインのことです。
つまり、造られたばかりのフランスワイン。
熟成期間は通常、数か月から2年と時間がかけられますが、
ボジョレーヌーボーは収穫から2か月ほどでワインに。
そのためフレッシュそのものなんです。
軽やかで、渋みがあまりないため、ライトなワインがお好みの方におすすめです。

他のワインとは違って、ボジョレーヌーボーには解禁日が定められています。
解禁日は11月の第三週です。
元々はボジョレー地区のブドウの収穫のお祝いで造られていたワインに人気が出たのが始まりでした。
解禁日を定めることで、品質の悪いボジョレーヌーボーが世に出ないようにフランス政府が取り決めたのです。

今では日本のお店でもボジョレー解禁を祝っています。
軽やかな味わいのワインですから、ついつい飲みすぎてしまいそうになりますね。

リキュール高価買取 商品知識

【ココナッツ】マリブってどんなお酒?

マリブ

ココナッツ味のお酒があるのはご存じですか?
「マリブ」というリキュールです。
マリブを牛乳で割れば、まさにココナッツミルク。
南国のカクテルが楽しめてしまうわけです。

原料は、ライト・ホワイト・ラムで、ラム酒がベースになっています。
ココナッツの果肉で蒸留しているので、ココナッツ風味のお酒になるのですね。
シロップなども使われているので、甘い味が特徴です。
アルコール度数は21度。
割ってカクテルにすることがメインなので、アルコール度数はそこまで高くなりません。

マリブミルクの作り方は簡単です。
氷を入れたグラスにマリブを30mlほど注ぎ、さらにそこに牛乳を注いでいきます。
お好みの味まで牛乳を注げば完成です。

他にもマリブは、コーラを使ったマリブコークや、ブルーキュラソーとトニックウォーターを使ったマリブサーフなど飲み方の種類も様々。
家に1本あると、南国気分が味わえるお酒です。
涼しげなグラスでいただきたいですね。

買取センター.comではリキュールの買取もおこなっています。
甘いお酒が苦手な方は買い取りに出してみるのもいいかもしれません。
LINENやメール、電話、FAXにて無料で査定をおこなっていますので、
お気軽にご連絡ください!

商品知識

日本酒一合ってどのぐらい?

日本酒一合

居酒屋で日本酒を頼むとき、何合にするか聞かれますよね。
日本酒の一合とは、180mlのことです。
だいたいコップ1杯分ぐらいでしょうか。
徳利1本に入るのは、だいたい一合程度。
つまり徳利何本分飲むか?と考えるとわかりやすいですね。

日本酒のアルコール度数は約15度。
他のお酒に換算すると、ビール中瓶1本分(500ml)やワイン2杯程度(180ml)が同等のアルコール量になります。

日本酒には他にも量を表す言葉があります。
「一升」です。
「一升瓶」を聞いたことのある方は多いかもしれません。
一升=十合分のことです。
つまり、180mlの10倍ですから、一升瓶には1800ml入っています。

日本酒は少し飲めるけれど、一升瓶なんて飲み干せない方も多いはず。
贈り物で一升瓶をもらってしまって困っている方は、買い取りに出してみるのも一つの手段です。
買取センター.comではLINEやメール、電話、FAXにて無料で査定もおこなっておりますので、
値段が分からない方もご安心ください。
日本酒は保存するのに温度管理も必要なお酒です。
お早めにご連絡してみてください!

ウィスキー高価買取 商品知識

【海のウイスキー?】ボウモアとは

ボウモア

ボウモアとは、スコットランドにあるアイラ島で製造されるシングルモルトウイスキーです。
このボウモアは、アイラ島では最古の蒸留所と言われるほど長い歴史を持っています。
創業したのは1779年と日本では江戸時代。
かなり古くからボウモアは造られていたのですね。

また、蒸留所は海に面した場所に建てられており、「海のシングルモルト」とも呼ばれています。
海抜0mという波打ち際で造られるウイスキーは、潮風をたっぷりと受けた環境で造られてきました。
海の近くならではの自然のウイスキーが楽しめます。

様々な種類が出ているので、おすすめを何本かご紹介します。
・ボウモア12年
代表的なシングルモルト。
スモーキーな香りもありますが、フルーティーさが感じられ、飲みやすい1本です。

・ボウモア25年
25年熟成で、ボウモアの中で最も酒齢が高いお酒です。
スモーキーさに加え、シェリー樽の甘味も感じられます。

・ボウモアNo.1
ボウモアの貯蔵庫で一番古い第一貯蔵庫で熟成されました。
潮の香りやシトラス、はちみつが感じられる爽やかな味わいです。

海を感じられるボウモアは夏に飲んでみたいウイスキーですね。
もし、家にボウモアが眠っているなら買い取りに出してみてはいかがでしょうか。
ご連絡お待ちしております。

商品知識

眠れない夜に。ホットブランデーを作ろう

ホットブランデー

なんだか眠れない夜、ゆっくりお酒でも飲んで気持ちを落ち着かせたいですよね。
そんな日におすすめなのがホットブランデー。
ブランデーの華やかな香りがホッとする瞬間を作ってくれます。

温かいブランデーは作り方もさまざまです。
簡単なのはお湯割り。
ブランデー:お湯が1:2になるように混ぜます。
ブランデーもあらかじめ温めておくといいでしょう。

少し手を加えたカクテルなら、「ホット・トディ」がおすすめです。
はちみつ、ブランデー、レモン汁、お湯を順に混ぜていきます。
レモンやはちみつの風味も感じられて、いつもと違ったカクテルが楽しめます。

「ホットブランデー アレキサンダー」。こちらもご紹介します。
チョコレートシロップに温めたブランデー、スチームミルクを注ぎます。
デザートのようで、食後の1杯にもぴったりです。

ホットブランデーで心落ち着く時間が過ごせるといいですね。
色々試してお気に入りを探してみてください。

ブランデーは開けないまま家に眠っていることがあるかもしれません。
そんな1本は買い取りに出してしまうのも一つの手。
よろしければ弊社までお問い合わせください。
無料で査定もいたしますよ。

買取強化イベント実施中。買取りイベントとは?

買取強化商品

    買取強化商品一覧へ >

    Copyright (C) 2014 お酒買取専門 買取センター.com All Rights Reserved.